デニム

ダメージジーンズの作り方|ハサミカッターで簡単に作る方法とは?

更新日:

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

身近なハサミやカッターを使ったダメージジーンズの作り方をご紹介致します。

ダメージジーンズとは、ひざや太もも周辺に裂けめを入れたジーンズの事です。(ダメージパンツや穴あきパンツとも言います。)

新品状態のジーンズを穿き古す事で、脚全体を伸ばしたり、曲げたりする動作の繰り返しによって、自然とひざや太ももの部分が擦り切れて敗れてきますが、最初からハサミやカッターで生地を傷つける事で、ダメージ仕様にする事が可能です。
最初からダメージ状態で販売している商品もあります。)

ただし生地の特性上、デニム生地は非常に丈夫な反面、少しでも敗れてくるとその部分から耐久性が落ちてくるので、瞬く間にその部分から破れ(ダメージ)が広がってくるので、注意が必要です。

よってどちらかと言えば個性を重要視した、機能性と言うよりも、ファッション性を楽しむ為の、デニムパンツと言う位置づけになります。

ハサミを使用

ハサミは紙を切る文具用のハサミではなく、布を切る為の裁縫ハサミの方が切りやすいです。

1.自分で穿いた上で、ダメージを加えたい部分に、布用のマーキングペンで印をつける

2.ハサミを使って印の一番端の布地の一部を摘まんで軽く切って、刃先を布地の下まで貫通させて、マーキングに沿って横に切って行く
裏面の生地も一緒に切らないように十分に気を付けて下さい!)

3.切り口から出た縦糸をキレイにハサミでカットすれば完成!

カッターを使用

さり気ない自然に出来たひっかき傷を沢山作る場合には、カッターを使用するのが非常に便利です。

1.自分で穿いた上で、ダメージを与えたい部分に、布用のマーキングペンで印をつける

2.マーキングラインに沿って丁寧にカッターの刃先を使って横にカット
裏地にも傷をつけないようにする為に、段ボールなどの厚紙を事前に表地の下に敷いてから、切るようにしましょう!)

3.ピンセットを使って縦糸をキレイに処理すれば完成!

おろし金を使用

おろし金を使ってジーンズの布をすりおろす事で、穿き古した感や味わいのあるダメージジーンズに仕上げる事が出来ます。

やり方は超簡単です!裏地に手の平を敷いて、その上から手の平もすりおろさないように気を付けながら、ガリガリと擦りつけるだけです!

おろし金をジーンズに是非使って貰いたい部分は、ポケットの縁回りや、裾周りなどの生地が丈夫に出来ている箇所です!理由は、ハサミやカッターだとそれらの部分は非常に使いにくいので!
ちなみにケミカルウォッシュとまでは行きませんが、サンドペーパーを使って広範囲にジーンズに当てて磨けば、見事にヴィンテージ感満載の色落ちを表現する事が出来ますよ♪

まとめ

以上のようにダメージジーンズ加工は、身近なハサミやカッターやおろし金を使って、簡単にヴィンテージ感溢れる仕様に出来ます。

普通に穿いて、徐々に色あせや、破れ感を楽しんで行くのもありですが、新品を購入して、いきなりダメージ仕様にするのも、オシャレを楽しむ上で有りです!

ただしやり過ぎると、ズボンのあちらこちらがびりびりの酷い状態になって、穿くのもままならない状態になるので、注意が必要です!

スポンサードリンク

-デニム
-, , , ,

Copyright© メンズファッションマネキン買いランキング|もうダサイといわせない! , 2019 AllRights Reserved.