洗濯

白シャツの黄ばみの原因と予防落とし方をフォーカス!

更新日:

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

白シャツは純白の白なので、男性女性問わずキレイ目系ファッションには欠かせないアイテムです。

ただその一方で、汗をかいたらその日のうちにマメに洗濯をしないと、すぐに首回りや脇や、その他全体的に黄ばんで、着づらくなってしまうので注意が必要です。

そんな白シャツの黄ばみの原因から、予防・落とし方までをフォーカスしてみました。

いつまでもあなたの心と同様に、透明感溢れる純白な白シャツを羽織って、清潔感やキレイ目感を演出したいものです。

原因

私も毎日着る肌着用の白Tシャツをよく着ますが、こちらは頻繁に洗濯をするので、黄ばみが特に気になる事はあまりありません。

むしろ気になるのが、ボタンダウン系の白シャツや、夏に1枚だけで肌の上から直接着るVネック系の白シャツ及びニット。この辺あたりが、翌年の春から夏にかけてまた着ようと思い、ちゃんと洗って洋服の収納ケースに納めていたものを、翌年に取り出した時によくダメにしています。
翌年に取り出すと、黄ばんでいて着れない状態になっています。

そしてこの黄ばみの原因は、汗や皮脂などに含まれている「タンパク質の汚れ」によるものです。
つまり洗濯をしても、繊維の中に汚れが浸透している為に、完全に落としきれていないのが原因です。

さらに上記で私も述べているように、ちゃんと洗って収納したにもかかわらず、翌年出して見ると、襟元や袖元を中心に黄ばんでしまっているのは、長期保管の際に残った汚れが酸化をしてしまい、洗って保管する時以上に黄ばみが酷くなると言う事がわかりました!だからだったんですねー!

対策

そこであなたの大切な白Tシャツの黄ばみを予防する為のいくつかの方法をご紹介致します。

その日のうちにお洗濯

「1週間に1回のまとめて洗濯時に!」などと言ったとろくさい事をしていると、確実にあなたの白シャツは酸化して真っ黄色になってしまいます。ポイントは着たその日のうちにお洗濯をする事です。(時間が経過した汚れは落ちにくくなるので非常に注意が必要です。)

お洗濯の量も少なくて、洗濯時のお水の節水を心がけているあなたは、洗面器に漂白剤とお湯をいれてつけ置き洗いをしておき、翌日に水洗いをして干すだけでも十分に黄ばみ予防になりますよ!

ぬるま湯でお洗濯

お水よりもぬるま湯でお洗濯をした方が、繊維の奥まで染み込んだ黄ばみ汚れが洗剤や漂白剤とよく馴染んで、浮かせて落ちやすくなります。

残り湯を積極的に利用してお洗濯をしてもよいですし、残り湯がない場合は、お湯と漂白剤を入れた洗面器の中に白シャツだけをいれて約10分程度つけ置けをした後に、他の洗濯ものとまとめてお洗濯にかけてもです。

襟や袖にベビーバウダーや糊を塗る

袖や襟の部分にベビーパウダーや、アイロンがけの際に糊を使ってコーティングする事で、皮脂汚れがそれらの部分に吸着するのを防いでくれる働きがあります。

酵素系漂白剤を使用する

塩素系漂白剤でも頑固な黄ばみ汚れが落ちにくい場合は、酵素系漂白剤も積極的に使用して貰いたいです。

塩素系は白シャツのみしか使用出来ませんが、酵素系は、色柄ものにも使用する事が出来ます。

ドライクリーニングを利用する

特にシーズンを終えて来シーズン用に、箪笥やクローゼットの中で寝かせる予定の白シャツ類は、ドライクリーニングに出すのも、黄ばみ予防の1つかもしれません。

ただし気を付けて頂きたい事が1つあります。
ドライクリーニングは、揮発性の溶剤を使用しているので、油汚れを落とす事は比較的容易ですが、汗や皮脂などの水性の汚れを落とす事は非常に苦手としています。

よって白シャツをドライクリーニングに出しても、時間の経過とともに黄ばみ汚れが酸化して出てくる可能性は大です。

そこでクリーニングに出す場合は事前に受付で、「水洗いが可能かどうか?」を訪ねてみるのも1つの手段です。
その理由は、水洗いは洗浄力が高くて、水性汚れにも非常に強いからです!

ご自宅で行う具体的な黄ばみを落とす方法

ココでは白シャツなどの黄ばみ汚れを落とす為の具体的な落とし方をご紹介致します。

食器用洗剤を使用する

簡単な襟・袖の黄ばみ汚れであれば、食器用洗剤をつけてモミモミするだけで簡単に落とす事が可能です。

食器用洗剤は、油汚れを浮かして落とす原理なので、とにかく油汚れに強いのです。(当然、皮脂にも同じ事が言えます。)

酵素系漂白洗剤を使用する

食器用洗剤でも落ちないような、なかなか頑固な黄ばみ汚れは、酵素系の漂白洗剤によるつけ置き洗いがおすすめです。

酵素洗剤を溶かしたぬるま湯の中に白シャツを入れて、数時間つけておくだけで、頑固な黄ばみ汚れを落とす事が可能です。

重曹を使用する

キッチンの黒ずみ汚れや、お風呂小物の水垢に効果を発揮してくれる重曹も、衣類全体の黄ばみ汚れに効果的です。

こちらも、重要+酵素系漂白剤+40度のぬるま湯に約1時間つけ置き洗いをしたのちに、洗濯機にかける事で、驚く程黄ばみ汚れが落ちます。

まとめ

白シャツや白ニットを黄ばませない・黒ずまさせないポイントは、やはりマメにお洗濯をする事が非常に重要です。
ただお洗濯と言っても、漂白剤・食器用洗剤・重曹などあなたのご自宅に身近にあるものばかりです。
最初はメンドクサイかもしれませんが、ぬるま湯で軽くつけ置き洗いをしてからお洗濯をする事で、後の仕上がりが随分と違ってきます。

白のシャツは、本当に清潔感溢れるので、キレイ目コーデファッションには絶対に欠かせないアイテムです。
さらにインナー用・アウター用ともに、他の洋服のアイテムともコーデがしやすいので、絶対にあれば便利です。マメにお洗濯をして、いつまでも白いままのシャツを維持させて、オシャレを楽しんじゃいましょう!

>>全国往復送料無料の【リネット】宅配クリーニング公式サイトはこちら

スポンサードリンク

-洗濯
-, , , ,

Copyright© メンズファッションマネキン買いランキング|もうダサイといわせない! , 2019 AllRights Reserved.