パーカー

裏ボアパーカーは激あったか!ダウンと体感温度を比較してみた!

投稿日:

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

今回私はGAPの年末セールで裏ボアパーカーを定価6,900円⇒63%OFFの2,550円で購入しました!非常に暖かくて気に入りました。

そこで「どれだけ暖かいのか?」、パーカー&ダウンを羽織った時のそれぞれの体感温度を、体温計を使って比較してみました。

果たしてその結果はいかに?

裏ボアとは?

裏ボアとはこのように、

服の裏地が羊毛のように毛羽立った、裏起毛のさらに豪華版と言った生地の事です。

見た目的にも非常に暖かいのは、一目瞭然です。
裏起毛との違いは、

【裏起毛】直接肌に接するインナーに使用する為に、厚みが殆どない。(肌着・スウェット・パーカーetcに使用)
【裏ボア】厚みを持たせて保温効果を促す。(アウターに使用)

以上のような大きな違いがあります。
よって用途や目的によって裏起毛と裏ボアは、完全に違ってきます。
また裏ボアは、肌の上から直接羽織ると、裏起毛と違って速乾性や汗の吸収性に優れていない為に100%蒸れます。
(さらに厚みがあるので、重ね着は不向きなどのデメリットもあります。)

体感温度を計測してみた。

裏ボアと、ダウンの体感温度を計測する為に、身近な体温計を使って、体感温度を計測してみました!

まずはダウンから、脇の中に体温計を入れて、

ダウンのジップを閉めて、

ぴぃぴぃぴぃ!と鳴ったので、体温計の数値を確認すると36.1度でした。

次に即測ってもダウンの温もりが残っているので、ダウンを脱いで約30分が経過してから、裏ボアの体感温度を測ってみました。

同じように温度計を脇に入れて裏ボアパーカーのジップを首元まで引き上げて、

ぴぃぴぃぴぃ!と鳴ったので、温度計を取り出してみると、先ほどと同じく36.1度でした!

今回のわかった事

温度計の計測を通じてわかった事は、裏ボア製の服は、ダウンに匹敵する程の保温効果がある事がわかりました!

やはり私が思った通りの結果でした。

着ると非常に暖かいのです!よって私の中では今年の冬のヒットアウターに、裏ボアパーカーがグランプリに決定しました!笑

また着心地感も、あまり中に何枚も重ね着をすると、当然モコモコとしてきますが、重量感はあまり苦になりませんでした。(わりかし軽い感じで着る事が出来ました。)

購入商品について

さらに袖・ポケット・裾ともに風が入ってくるのを防ぐ為に、しっかりとしたリブ仕様になっていました。

ただしその一方で、唯一不満だった点は、ジップの金具の部分です。

このようにジップの金具同士をかまして上へ引き上げる際のこの留め具が、服の中に入り込んでいるので、非常に留めにくい点です。(出来れば外側に出して貰いたかったです。)

ファッションコーデ

ファッションコーデに関しては、このように、ワインレッドのニットと、ブラックのジョガーパンツを組み合わせてみました。普段使いにぴったりのファッションコーデになりました。
(パーカーの色は、あなたが現在お持ちのパンツの色を基準に決めた方がいいと思います。私はパンツはブラック・チャコール・カーキ色を持っているのでアウターは、相対する色のグレーにしました。逆にパンツの色が、ベージュ・デニムを好んで穿くのであれば、パーカーは、ブラック・茶コールにすればいいと思います。)

まとめ

あなたもデニムもいいけど、少し着ぶくれするので、もう少しすっきりとした、防寒性の高いアウターをお探しの場合は、裏ボアパーカーを選択肢に入れてもです。
(特に2019年の1月以降の天気予報は、暖冬傾向なので、日によっては、ダウンは少し暑すぎると感じると思います。よって裏ボアパーカーが普段使いに重宝します。)

スポンサードリンク

-パーカー
-, , ,

Copyright© メンズファッションマネキン買いランキング|もうダサイといわせない! , 2019 AllRights Reserved.