春のファッション

GWから梅雨入りまでの初夏に着たいメンズファッションコーデ特集

更新日:

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

今回の特集は、いわゆる初夏に対応する為の、メンズファッションコーデ特集です。

なぜこの特集をしたのか?と言うと、

この時期は昼夜の気温差が激しいので、さすがにトップス1枚だと、夕方以降に気温が下がってくると、当然肌寒く感じてしまう点と、朝の気温が低くて厚着をしてしまうと、今度は逆に日中に暑い思いをしてしまうからです。

つまり、初夏の時期は、服の管理(コーデ)が、1年で最も難しい時期となります。

ちなみに初夏とは?
5月5日頃の立夏から梅雨入りまでの期間となります。

つまりGW明けの今の時期がまさにそうです!

そう言った意味からも、1年で最もコーデがしにくい時期ではありますが、逆に言えば、中心となるインナー選びよりもむしろ、アウター選びを重点に、しっかりとして居れば、体温調整や、コーデ面においても、比較的しやすいのではないでしょうか?

よって今回は、アウター+シャツ+パンツの3点セットのコーデを、あなたにご紹介致します。

1.パーカー

パーカーはぎりぎり5月いっぱいまでは、十分に羽織る事が出来るアウターです。
1着あれば、朝晩の肌寒くなる時間帯の防寒対策にもってこいです。

さらにパンツやシャツとのコーデもしやすいと言った、普段使いのメリットも大きいです。

あなたにおすすめのカラーは、ネイビー、グレー、オフホワイトです。
(若い方なら、赤や、オレンジでもokです。)

>>パーカーコーデの詳細はこちら

2.薄手のジャケット

薄手のジャケットは、初夏にぴったりのオシャレアウターです。
1着あれば、カジュアルにも、少しフォーマルな感じにも、パンツ次第であなたは、決める事が可能です。

その際のインナーTシャツは、アウターカラーにもよりますが、ブラックやネイビーよりも、断然オフホワイト系にする事で、より清潔感や、キレイ目度がアップするので、その分あなたも、女性受けがよくなりますよ😊

アウターのカラーも、下記のモデルさんのように、ベージュ色の方が、より爽やかな感じがするので、おすすめです!

>>薄手のジャケットコーデの詳細はこちら

3.デニムジャケット

デニムジャケットも、5月いっぱいにかけて、十分羽織る事が出来るマスト的存在のアウターです。

ただし、ココで注意して貰いたいのが、シャツやパンツの色使いを間違ってしまうと、非常に重たい感じになります。
よってシャツは、あえて明るめのミントグリーンか、ワインレッドでもいいと思います。

そしてパンツは、デニムではなく、ホワイトか、汚れが目立つのが嫌なのであれば、ベージュでもokです。
(ネイビーやブラックは、全身にわたって暗い感じになるので、NGです。)

>>デニムジャケットのコーデの詳細はこちら

4.トレンチコート

薄手のトレンチコートも、初夏におすすめのコートです。
ただし、生地の丈が長い分、初夏に羽織ると、朝晩の防寒対策にはばっちりですが、着心地は軽くとも、第三者的に見れば、重たくて、暑苦しいイメージがするのも事実です。

それを払拭する為に、明るめの、モデルさんが羽織っているような、カーキ色で攻めるのも、非常に色使いとして適切です。

コートはカーキ。シャツはオリーブ。パンツはデニム色。コート/シャツ/パンツの3つのアイテムの色使いが、パーフェクトに近い、初夏にふさわしい、色使いになっている点にも、注目です!

>>トレンチコートのコーデの詳細はこちら

5.ドリズラージャケット

ドリズラージャケットも、初夏に持っておきたい鉄板アウターです。
(休日の大人カジュアルを、あなたは楽しむ事が出来ます。)

どうしても色め的にブラックや、ネイビーを羽織る確率が高くなる分、インナーは、ブルーや水色などの、色鮮やかな、キレイ目系のシャツと合わせるのがポイントです。

(勿論、白シャツでもokですよ😊)

>>ドリズラージャケットのコーデの詳細はこちら

6.ショールカーディガン

初夏にニット系のショールカーディガン?
と驚かれるかと思いますが、いえいえそんな事はないんですよ。

その理由は、網目は荒いローゲージ使用なので、風通しが良く、通気性に優れているからです。
ホワイトの色合いも、非常に初夏を印象付ける風合いになっているので

アウターがホワイトなので、パンツは、デニム・ブラック・ネイビーなどの濃い目の色の物と合わせれば、上下の色のバランスにバリエーションが出て、非常にオシャレな印象になりますよ!

シャツは、水色、オリーブ、ベージュから、ピンク色でもokです!

>>ショールカーディガンのコーデの詳細はこちら

7.七分袖のボタンシャツ

七分袖のボタンシャツも、初夏のメンズコーデには、おすすめのアイテムです。
モデルさんのようにボタンを全部留めて着てもいいですし、ジャケットとコーデしてもです。
さらに全て外して、シャツとコーデしてもokです。

季節に応じて、インナーにも、アウターにもなる、便利なシャツです。

カラーは、ホワイト系もいいですが、ネイビーとかもです。
(理由は、デニムや綿パンともに、非常にコーデがしやすいカラーなので。)

>>七分袖のボタンシャツのコーデの詳細はこちら

8.スタジャン

ココ数年流行っているのがスタジャンです。
スタジャンと言っても冬用のウール系のものではなく、春に着れる、薄手のものです。
カラーも、モデルさんが着用している、冬のネイビー色の強いものから、ベージュ色になっていて、初夏にぴったりの色合いです。

インナーは断然白Tシャツですね!

パンツは細身のデニムやジョガーパンツと言いたい所ですが、アウターと同じ、アメカジパンツの定番の、ペインターパンツと合わせてみても、よりカジュアルらしさが演出されて、面白い感じのファッションになりますよー!

ただしペインターパンツは、だぼっとしているデザインなので、背の低い方が穿くと、より背が小さく見えるので、173,4cm以上の身長のあるあなたにおすすめです!

>>スタジャンのコーデの詳細はこちら

9.カバーオール

こう言ったカバーオールも、初夏にぴったりのアウターです。
パンツとTシャツを組み合わせて、涼し気な、初夏の装いを楽しまれてみるのも非常にオシャレですよ。

特にモデルさんが羽織っているような、デニムのカバーオールがおすすめです。
ただし、パンツもデニムだと、ちょっとカッコ悪いので、チノパンを穿くようにしましょう!

Tシャツに関しては、カバーオールが少し暑苦しい印象も拭えないので、赤や緑の原色系で決めて、初夏を表現してもです。

さっと着れて、朝晩の寒さ対策は勿論の事。昼間もTシャツと組み合わせて、なるべく脱がずに過ごせるように、是非とも工夫なさってみて下さいね。

>>カバーオールのコーデの詳細はこちら

10.オックスフォードシャツ

薄手のオックスフォードシャツをライトアウターとして軸にして、白Tシャツと、デニムパンツの3点セットで決めるメンズコーディネートは、まさに涼し気で、キレイ目コーデの鉄板とも言うべきセットです。

今の季節の初夏のデート用にもぴったりです。
さらに1枚あれば、着回しコーデを楽しむ事が出来ます。

ただしオックスフォードシャツに関しては、秋冬用の厚手の物ではなく、薄手の物を選ぶのがポイントです。

20代、30代、40代までの、幅広い男性の方に是非とも真似をして貰いたいコーデです。(コーデに自信のないあなたもおすすめです!)
さらに女性受けの評価も、間違いなくいいと思います。

>>オックスフォードシャツのコーデの詳細はこちら

スポンサードリンク

-春のファッション
-, ,

Copyright© メンズファッションマネキン買いランキング|もうダサイといわせない! , 2019 AllRights Reserved.