浴衣

40代男性の浴衣選びのポイントはやはりデザイン!その理由とは?

更新日:

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

今回は40代男性の浴衣選びのポイントについてご紹介致します。

私を含めて40代の男性が着る浴衣選びは、"難しい"とあなたは感じた事はありませんか?

その理由についてなんですが、20代の頃のようにどんなデザインの物でも似合っていた年齢ではないからです。
その一方で、逆に渋すぎなデザインを選んでしまうと、実年齢よりもかなり老けて見える可能性が大だからです!
よって一番理想的な40代の男性が着る浴衣のデザインとしては、若すぎず、年寄臭くない、年相応の無難なデザイン。欲を言えば、幾分若くも見られる。

そんな条件付きの多いデザインではないでしょうか?

「流石にそんな色々な条件がついているような物を選ぶ事が出来ない!」

と、一瞬思ってしまいそうですが、いやいやそんな事はないですよ!(探せば色々あります。)

是非、40代の男性のあなたも、カッコいい浴衣を着て、家族や恋人と、花火大会や縁日デートを楽しまれてみて下さいね🎶

紺色系

紺色系は基本的には20代~50代位の全ての世代で、無難に似合う色合いだと思います。
(よって迷ったら紺色系の浴衣を選べば、"失敗しない"とも言えます。)

丸小紋藍

よく見れば小紋の柄がドット状に入っていますが、遠めからは藍色の無地のベースの生地にしか見えません。
(非常に夏向きの涼しい印象を与えてくれる色合いの、藍色です。)
40代の男性にも是非着て貰いたい柄です。

両滝縞藍

そしてこちらは無地の藍色の生地とは一転して、縞模様が入った生地になっています。非常にインパクトがありますよね?
(ただ40代の男性が羽織るには、少し派手目な印象も拭いかねません。)
その一方で、若く見られたいあなたは、頑張って挑戦してもいいと思う。そんなデザインです。

絣縞妙藍

縞模様が入ってはいますが、絣(かすり)ベースなので、非常にしっとりとした、上品な感じのする、まさに"大人のデザイン"です。
(是非40代の男性におすすめしたい、和柄模様の浴衣のデザインの1つです。)

霞縞

絣模様から一転して、こちらは横縞模様の霞縞。
(少し20代及び30代の若者向きのデザインです。)
個性派の40代のあなたであれば、「挑戦してもいいかなぁ?」と、そんな感じに見える、浴衣のデザインです。

黒系

ブラック系も40代の中高年系向きの色合いです。
ただし今から以下の柄のデザインを、1つずつ説明して行きますが、デザインによっては、"条件付きで"と言う事で。

網縞黒

網縞模様が入る事で、黒一色の無地の浴衣に比べて、清涼感さえも感じさせられます。
(まさに20代・30代の若い人よりも、40代以上の男性向けの、渋い和柄デザインと言えます。)

二筋縞

二筋縞模様も、大人の男性向きのデザインです。
ちょっと強面風の方にとってはぴったりのデザインです。
(あえて黄色地ベースの帯で、明るく見せている点もポイントが高いと思います。)

三筋縞黒

こちらは二筋から三筋へと、1本縞模様が増えた、三筋縞黒。
こちらも40代以上の男性向けではありますが、唯一残念な点は、帯も黒なので、全体的に暗い印象感が否めません。
(浴衣も帯も暗いと、老けた感じに見えます。)
よって帯はせめて紺色や、茶系のデザインにした方がです。

三筋縦墨

こちらも三筋の縦縞模様が入った、デザインです。
上記の三筋縞黒と大きく違うのは、全体的に縦縞の3本線が、どれも強調されていない点です。
よって個性面で選ぶのであれば、少し見劣りするかなぁ?と言う感じです。
(茶系の帯とのコーディネートもばっちりです!)

棒縞黒

縦縞のラインの間隔が広い分、縞模様がかなり目立っているのが特徴的なデザインです。
(私個人的には、若い人にも、中高年の人にもあまりおすすめしないデザインです。)
理由は何となくなんですが。これがもし藍色ベースであれば、おすすめしたい所なんですが。
ちょっと役者さんが舞台で着るような感じのデザインです。お祭りや花火大会でれば、例え40代でも、もう少し派手目なデザインを選んだ方が、カッコいいと思います。

棒縞黒

縦縞のラインの間隔が広い分、縞模様がかなり目立っているのが特徴的なデザインです。
(私個人的には、若い人にも、中高年の人にもあまりおすすめしないデザインです。)
理由は少し怖い感じ。いや堅苦しい感じがするんですよね。何となくなんですが。これがもし藍色ベースであれば、あなたにおすすめしたいデザインなんですが。

格子縞黒

格子模様で非常に斬新なデザインの浴衣です。
(ご覧頂いてもわかる通り、ただちょっと若い人向けのデザインなので、40代の男性のあなたにとっては羽織ると、少し、浮くかもしれません。)

襷縞墨

襷(たすき)縞墨も、嫌みな感じのない、縦縞模様が印象的なデザインです。
薄黄色ベースの帯とのコーデも
しっとりと、そして落ち着いた感じに着こなしをしたい、40代の男性向きのデザインだと思います。

両滝赤黒

こちらは赤と白の縦縞ラインを太くする事で、この2本のラインのデザインを、際立たせた模様になっています。
かなり奇抜なデザインなので、40代以上の方にはおすすめ出来ないデザインです。
(20代・30代方には逆におすすめです。)

灰色系

灰色系も、夏らしい色合いで、見た目も涼しい雰囲気に仕上がります。
よって人気のある色の1つです。

両滝縞灰

滝が流れるような、縦の細かい線が入っている、両滝縞灰の浴衣です。
非常に爽やかで、涼しい雰囲気が、見る側にも伝わってくる。そんな浴衣です。
こちらの両滝縞灰の浴衣も、40代の男性向きのデザインになっています。

菱縞墨

灰色をベースカラーに、黒の様々な模様を、縦にあしらったデザインが特徴的な、菱縞墨。
こちらも斬新なデザインですが、ベースカラーが灰色なので、派手さを全く感じさせません。
よって40代の男性にも、しっくりくるデザインです。

絣薄灰

こちらは絣模様が入った灰色ベースの浴衣です。
絣独特の模様が、涼しさと、清潔感が醸し出されていて、非常に上品な印象を与えてくれています。
こちらも40代の男性向きで、しっとりとした感じのデザインになっている浴衣です。

白系

そして最後は白です!
"純白の白"と言いたい所ですが、浴衣の白は果たしてどんな感じのイメージになるのでしょうか?

網縞きなり

こちらは網縞きなりと言うデザインです。
白地のベースの中にも、こうして網縞模様が入っていて、趣ある感じのデザインになっています。
(非常にオシャレなデザインなんですが、40代ではなく、もう少し上の、50代以上の年配者の方向けのデザインかなぁ?と言うのが、私の率直な意見です。)
後はやはり恰幅の良い方は、白が似合うと思います。

まとめ

40代男性の浴衣でおすすめのカラーやデザインは、ベースは、紺か、灰色系が年相応に落ち着いている感じなので、カッコいいと思います。(清潔感も感じられますし。)
逆に、黒や白は、少し年齢的に50代向きで、老けて見えるので、私的にはおすすめしないカラーです。

よって、

無難に行くなら『丸小紋藍』

少し個性を出したい場合は、『絣縞妙藍』

さらに涼しい雰囲気にしたい場合は、『両滝縞灰』あたりがおすすめです。

是非今年の夏は、オシャレでカッコいい浴衣を羽織って、奥さんやお子さんなどの家族と、さらに恋人と、花火やお祭りや縁日デートを楽しまれて下さいね!

スポンサードリンク

-浴衣
-, , ,

Copyright© メンズファッションマネキン買いランキング|もうダサイといわせない! , 2019 AllRights Reserved.