カバン

吉田カバンニューライナーショルダーバッグは遊びや仕事にも使える

投稿日:

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

遊びにもそして仕事にも使える吉田カバンのニューライナーのショルダーバッグ。その機能性・収納性について、フォーカスしてみました。

青バッテンでお馴染みの吉田カバンのニューライナー。

私は赤のライナーよりも好きです。
理由はラインーは、ニューライナーに比べて、くすんだ感じの色合いに見えるからです。

事実ニューライナーは、ナイロンメッシュに塩化ビニール(P.V.C)をコーティングした素材を使用しているので、光沢感があるからです。一方のライナーは、P.V.Cコーティングはされていません。
その他赤のバッテンマークよりも、青のバッテンマークの方が、デザイン的に好きなのも、理由の1つです。

同じ吉田カバンのポーターシリーズも、確かにカッコいいんですが、バッテンマークのラゲッジレーベルシリーズや、その中でもニューライナーが好きなあなたは、ご参考になさって頂ければ幸いです。

スペック紹介

今回私が購入した、ニューライナーのショルダーバッグのスペックをご紹介致します。

収納スペースその①

こちらは、カバンの一番前のポケット部分にある収納スペースです。
全部でポケットが3ヶ所ありました。)

私はこのスペースには、お財布とスマホとティッシュなどの小物を入れています。

収納スペースその②

次はバッグの2カ所目の収納スペースの紹介です。

2カ所目の収納スペースは、ポケットが1つだけです。

マチがあまり広くないので、ノートや雑誌などの薄い物を入れるのに向いた空間です。

収納スペースその③

そして最後は、一番奥側にある収納スペースです。

3カ所の収納スペースの中で、一番間口が広いので、かさばる物を入れるのに向いたスペースです。

ノートPCも入れる事が可能です。ただしB5サイズ以下となります。A4サイズは入りません。

こちらのビジネスタイプであれば、A4サイズのPCも入れる事が可能です。

さらに2ヶ所のフリースペース構造になっていました。

ショルダージョイント紐について

ニューライナーのバッグのショルダー紐のジョイント部分は全部で2ヶ所ありました。

1カ所目がこちら。背負う側に一番近い部分です。

そして2カ所目がこちらの奥から2つ目の部分です。

ただし2カ所目のジョイント部分は、以下で説明致しますが、マチの部分が開く構造になっていて、ファスナーで開かないと、ジョイント金具は表に出てこないので、ジョイント金具と紐を接合する事が出来ません!

おそらくマチを広げて荷物を入れる事で、より前に荷物の重心が移るので、その時用に、この部分にジョイントが付いているのだと思います。

マチの部分

上記で述べたように、ニューライナーのショルダーバッグは、マチの部分がアコーディオンのように広がる構造になっていました。

具体的にはこのの部分が起点と終点になっていて、ファスナーを一巡させて開けば、マチの部分が広がる構造になっていました。

こんな感じで、ぴぃぃぃーーーと、ファスナーを開いて行きます。

底の面もこんな感じで、ファスナーで大きく開くようになっていました。

マチのファスナーを開く前と開いた後の、Before&Afterの写真がコチラです。

大きく横に広がっているのがわかります。(その分荷物を沢山入れる事が出来ます。)

まとめ

吉田カバンニューライナーのショルダーバッグは、私は普段からお出かけの際に、スマホやお財布以外にも、本とかペットボトルやカメラとかも入れるので、ある程度マチのあるショルダーバッグが、欠かす事が出来ません!

その点、ニューライナーのショルダーバッグは、マチが広がるので、非常に便利で気に入っています。

収納力もある程度の物は入るので、遊びは勿論の事、仕事用にもぴったりです。
(さらに1泊2日の小旅行用にも使える、充実の収納力を兼ね備えたカバンです。)

ただ唯一不満な点は、ショルダーだけでなく、持ち手のバングルもついていれば私的には、カバンを持ち上げる際に便利だと感じました。

青バッテンでお馴染みの吉田カバンのニューライナーシリーズは、ナイロンメッシュに塩化ビニールコーティングをした素材を使用しているので、光沢感やマット感が有って、私は大好きです。

よってカジュアル服にも、そしてスーツにも合わせやすです!

スポンサードリンク

-カバン
-, , ,

Copyright© メンズファッションマネキン買いランキング|もうダサイといわせない! , 2019 AllRights Reserved.