夏のファッション

2019年メンズ夏服の売行状況は?購入側にはメリットも!理由は?

投稿日:

Facebook にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

2019年のメンズの夏服の売れ行き状況についてフォーカスしてみました!

35度越え連発のウルトラ級の酷暑となった2018年の夏とうって変わって2019年の夏は、最高気温が30度にも届かない冷夏の夏とともに、活発な梅雨前線の影響で、7月に入っても、遅い梅雨明け宣言がされてもなお、晴れの日が殆ど無い、雨や曇り空の日が続いています。(これはエルニーニョ現象も影響しています。)

よって非常に肌寒くて、メンズ・レディースを問わず、夏物の売れ行きは、当然よくない感じです。
(天気予報では、7月いっぱいまでは、曇りや雨の天気が続き、8月には夏らしい天気や気温になって来るとは言われていますが。。。)

ただ私たち夏服の購入者側にとっては、ある意味で冷夏の夏はメリットと言えるかもしれません!
その理由についてもまとめてみました!

2019年夏服の売れ行き状況は?

Yahooニュースを確認すると、

百貨店では6月末からの春夏衣料のクリアランスセールが不調。大手百貨店担当者は「寒くて買う気も起きないようだ」と肩を落とす。肌掛けなど夏向け寝具や、水ようかんやゼリーなど涼感が売りのスイーツも売れ行きは鈍い。
逆に温かい大判焼きや総菜売り場のグラタンなど「温かいものがいまだに売れている」(関係者)という。

三越伊勢丹ホールディングスは首都圏の主要旗艦店で、7月2日までのセール売り上げが前年同期比で1割以上も減った。高島屋では日傘やサングラスの販売が7割程度に低迷。中元商戦では「ビールやそうめんなど夏の定番商品の落ち込みが目立った」(百貨店関係者)との声が上がった。

屋外レジャーも低調で、よみうりランド(東京都稲城市)では今シーズンのプール来場者数(15日時点)が約5000人と前年同期比で9割減。としまえん(東京都練馬区)では、7月半ばの日曜日にもかかわらず、14日のプール客数が105人(前年同期は1万3477人)にとどまり、担当者は「梅雨明け後に期待するしかない」と話す。

気温が1度違えば売り上げが数%変わるといわれる清涼飲料の売り上げも減少。
キリンビバレッジの堀口英樹社長は「6月は厳しかった」と振り返る。
同社の6月単月の販売実績は前年同月比92%だった。

と言う記事がありました。

よって、夏物の売れ行きは何処も芳しくない状況と思われます。

さらに夏のレジャーのプールや海にも影響が出ていて、ビールや、夏のスイーツにも影響が出ている模様です。

また日照不足による夏野菜の高騰も気になります。

さらに私の住んでいる町の商店街には、こんなやり過ぎセールの看板もありました!

50%OFFはおろか、70%OFFはやり過ぎだろぉ!って、思わずツッコミを入れたくなるような、OFFセールの看板。

私の見解

ただ近年の洋服のバーゲンセールに関しては、年々前倒しでセールが早くなっているような感じがします!

昔であれば、早くても7月の終わりごろから夏物セールが始まって、それが8月末まで続いて、夏物を売り切る感じで、8月のお盆過ぎから秋物が出てくる感じでした。

それが今では6月末にはセール開始。7月末には売り切って、8月からは秋物販売開始と言う流れになっています。

恐らくこれらの要因としては、今年に限って言えば、冷夏による原因もありますが、以下の物が挙げられると思います。

1.早く売りさばいて、夏物在庫を無くしたい
2.流行りのサイクルが早くなった
3.以前に比べてセレクトショップが増えた

メリット&デメリット

バーゲンセールでのメリット&デメリットについて考えてみました。

メリット

定価の値段よりも安く購入する事が出来る
(バーゲンセールで購入する楽しみを知ってしまったら、本当に通常の定価の値段で買うのが阿保らしく感じますよね?)

同シーズン内でも着る事が出来る
(これは以前であれば、バーゲンで購入した服は、翌年の同じ季節に着るのが常だったものが、近年では、上記でも述べている通り、年々バーゲンが前倒しで早まって来ている影響で、仮に7月頭のバーゲンに、夏物のシャツを購入しても、7月~9月いや下手すれば10月頃迄、着る事が出来るようになりました。)

デメリット

やはり人気のデザイン/流行のデザインは、すぐに売り切れになってしまう

サイズに関しても、メンズ服のTシャツとかであれば、特にM/Lサイズも売り切れの場合が多し

まとめ

年々と夏物バーゲンセールが前倒しで早くなって来ています。

よって欲しいデザインとサイズをゲットする為にも、行きつけのお店の前を通ったり、ネット通販情報(スマホに届く会員情報)を見ながら、セール開始情報をマメにチェックするしかないですね。

間違いなく8月では遅いです。

気に入ったデザインがあっても、自身のサイズが無い。サイズが有っても、デザインが気に入らないなどの、残念な結果にならない為にも、リアル店舗でも、ネット通販で購入するにしても、購入時期の"早さが命"となります!

その一方で、幾らバーゲンセールで50%OFFで安いからと言っても、「部屋着用に。もしくはひょっとしていつかは着るかもしれない。」と、欲しくもない商品を買っても、結局着ないだけに終わってしまいます。

よってお金の無駄遣いと、物が増えてしまう。2つのデメリットも、バーゲンには、有るのも事実です。

そうならない為にもあなたには、7月の初旬頃にはバーゲンセールに行って、本当に欲しいデザインの夏物を、必要な数だけ、安く購入して貰いたいです。それが本当に賢いバーゲンの利用術です!

メンズバーゲン夏物おすすめ3点

メンズの夏物バーゲンで、押さえておきたい3点をご紹介致します。

以下の3点を購入しておけば、夏の普段使いの着回しコーデは、貴方が現在お持ちの洋服と合わせれば、何とかなります。

Tシャツ

Tシャツはセールで2~3枚、まとめ買いをする事を、おすすめ致します。1年を通じて着る事が出来るので!

デザイン性のあるものもいいですが、流行に左右されない物を数年間にわたり着たいのであれば、無地のカラーシャツが一番です。(お勧めのカラはー、ネイビー/ブルー/ピンク/オレンジ/ホワイト/ベージュ/グレー。)

ポイントは、全部落ち着いたカラーのTシャツを購入するのではなく、3枚買うのであれば、2枚はベージュとグレーの落ち着いた色。残り1枚は、ブルーorピンクなどの明るい色の物を購入して貰いたいです。そうすれば、色の偏りがなくなります!

>>Tシャツの詳細・購入はこちら

クロップドパンツ

ハーフパンツもおすすめですが、個人的には、すね毛の処理がめんどくさい方や、20代後半以上の30代や40代のあなたには、クロップドパンツが、夏のお出かけ用のパンツとして、似合います!

ウエストゴムで、ベルト要らず!清涼感溢れる薄い綿生地使用で、履き心地もです。
(Tシャツとサンダルorスニーカーと合わせて、夏のお出かけを楽しみましょう!)

おすすめのカラーは、ベージュ、ネイビーです。若い人ならオフホワイトもです。

>>クロップドパンツの詳細・購入はこちら

チェックの半袖柄シャツ

チェックの半袖柄シャツも、1枚あれば、Tシャツが、ネイビー・ブラック・ホワイトで落ち着いた色と組み合わせる時に、コーデのアクセントになるので、非常に便利です!

勿論ボタンを留めて、1枚物として着ても様になるので、出来れば、無地の物よりも、少し派手目の、モデルさんが羽織っている、チェックの半袖柄シャツを、選ぶようにしてみて下さい!コーデが一気に華やかな雰囲気に変わりますよ!

>>チェックの半袖柄シャツの詳細・購入はこちら

スポンサードリンク

-夏のファッション
-, , ,

Copyright© メンズファッションマネキン買いランキング|もうダサイといわせない! , 2019 AllRights Reserved.